スペース メインテーナー (Space Maintainer)
スペーサーともいわれます。乳歯が抜けた後、もしくは なんらかの損傷で乳歯が失われた場合など、永久歯がすぐに生えてこない時に使われる装置です。 スペースメインテーナーは永久歯が生えてくる場所を確保し、臼歯が前方に動くのを防ぎます。

ナイトガード (Bite Splint, Occlusal Guards)
歯ぎしりを緩和し、歯、歯周組織を守る為の装置です。朝起きた時、あごの痛み、 肩こり、こめかみ辺りの頭痛がある方は、歯ぎしりをしている可能性があります。歯ぎしりを放っておくと、歯が磨り減り、顎関節症の症状が現れ(開口障害、関節雑音など)歯がぐらつきます。(歯周病の場合) 

シーラント (Sealant)
シーラントを塗る事でバクテリアが付着しにくい状態を作り、虫歯予防の効果を高めます。

フッ素 (Flouride)


レジン(Resin)
レジン、複合レジン(コンポジットレジン)ともいわれます。従来の充填物より自然な見栄えと強度、接着度もあり、過剰に歯を削る必要がありません。

クラウン(Crown)
クラウンとは歯全体、そのままの形のかぶせ物になります。 虫歯が大きくて詰め物だけでは治せない場合や、歯にひびが入っていたりする場合は、一般にクラウンをお勧めします。 (お勧めした治療が必ず成功するとは限りません) クラウンに使用される材料は、ポーセリン ( セラミック ) 、ポーセリン冠(合金を土台にしたセラミック)、白金、黄金があります。

ブリッジ(Bridge)
歯が抜けてしまったり抜いた場合に、両隣りの歯を削って土台にし、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠落部分を回復するものです。

インプラント(Implant)
歯が抜けてしまったところの骨にネジを埋め込んで、そのネジを土台にして人工の歯を装着する治療法です。一般に、アメリカでは口腔外科医か歯周病科医がネジを埋め込み、一般歯科医がクラウンの部分を作ります。


根の治療(Root Canel)
たび重なる虫歯の治療、深くて大きな虫歯などは、歯髄炎症や細菌感染により根の治療が必要になります。そのままにしておくと、歯痛や化膿の原因になり、症状として歯の変色、歯肉の腫れ、熱いものや冷たいものがしみます。 *症状が出ない方もいます*

根の再治療(Re-treat Root Canel)

以前根の治療をしたにも関わらず痛んだり、歯肉が腫れたり、炎症を起こした場合には、再治療が必要になります。 再治療よりも手術(歯根尖切除  APICOECTOMIES) を勧める場合もあります。歯根の先端が炎症を起こしている場合はこの手術により、痛みのある歯の近くの歯肉を切開して、炎症している箇所を取り除きます。


歯周病(Perio Disease)
歯周病とは、歯の周りの病気で プラーク(歯垢)に原因があります。歯垢をそのままにしておくと歯と歯肉の間に毒素を作り石灰化し歯石となり歯肉炎になります。 歯石を取り除かないと次は、歯と歯肉の溝(ポケット)が炎症の為、深くなり歯がぐらついてきます。 歯周病の原因には生活習慣病的要因 (喫煙、糖尿病、過度のストレス、歯ぎしりなど)と 遺伝的要因 (両親が早くから歯を失ったケース)もあげられます。 最近レーザーを使って歯周病の治療が試みられていますが、現在のレーザーでは歯根面を傷付けづに、また歯茎を切開することなく歯石を除去することは出来ません。 レーザー単独では歯周病は完治しないからです。


ホワイトニング(Whitening)
漂白剤を用いて変色した歯を脱色する方法です。歯の変色は虫歯によるもの、増齢に伴う黄ばみ、幼児期の薬の服用、タバコの喫煙、ワイン、コーヒー、お茶等の飲用によるものです。 まず最初に虫歯がないかどうか検診をしましょう。(虫歯がある場合、とてもしみるケースがあります。)通院は2 回必要です。 1 回目は歯型をとり、カスタムトレーを作ります。 2 回目に作ったカスタムトレーを使って、ホワイトニングの仕方を指導いたします。


 
© Takada, D.D.S. All rights reserved.
This site is designed and built by Uni-Con Inc.